[プレスリリース]2018/03/20

オンライン・オフラインを統合し、売上最大化を目指すマーケティング効率化ツール『広告ROI見える化ダッシュボード』開発

データ・ドリブンな実行検証型マーケティングコンサルティング立案とエグゼキューション、効果検証というワンストップのクライアントとの業務推進に強みを持つ株式会社Quark tokyo(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:楽々 朝光)は、オンライン・オフラインのデータを元に、広告出稿プランを統合検証し、売上最大化に貢献するマーケティング効率化ツール『広告ROI見える化ダッシュボード』を開発し、3月20日より提供、およびコンサルティングサービスを開始します。

■『広告ROI見える化ダッシュボード』開発の背景
企業のマーケティング活動の最終目標のひとつは、顧客生涯価値※1を最大化することです。これまで企業は、マーケティングの一環として顧客と商品・サービスの接点であるマス広告・宣伝などのプロモーション活動に注力し、長年、テレビCMを中心としたメディアに広告を出稿していました。しかし、「果たしてこの広告は売上につながったのか?」という広告の効果検証が課題でした。さらに近年、マーケティング投資効果を測定する「マーケティングROI」が株主から言及されるようになったこと、オンライン上でのデータ取得が進んでいることなどからマーケティング、特にプロモーションの効率化と可視化への取り組みが企業の課題となっています。
※1.顧客生涯価値とは、企業と顧客が継続的に取引をすることによって、顧客が企業にもたらす価値(利益)のこと。

■『広告ROI見える化ダッシュボード』の特徴
『広告ROI見える化ダッシュボード』は、マーケターが本来実現したいと考えている「売上を最大化・最適化する広告出稿プラン」を実現します。従来の広告出稿プラン予測ツールは、他社の事例から推察したテレビCMの視聴率データを中心に、オンラインメディアやSNSへの広告出稿振り分けを提案していました。
『広告ROI見える化ダッシュボード』は、売上の最大化を目的としたプランニングを可能にします。TV・オンライン・チラシといった様々な広告出稿メディアの中から、広告の相乗効果と成果を最大化させる最適な出稿メディアの組み合わせを提示するだけでなく、売上と広告の影響を可視化、広告の直接的・間接的な効果を評価します。
これらの特性は、企業にとって以下のメリットがあります。
(1)マーケティングROIに特化しているため、売上最大化とコスト削減の両立が可能
(2)他社の事例を元にしたシミュレーションではなく、自社データを用いて最適な広告の組み合わせを把握でき、自社独自の勝ちパターンの構築が可能
(3)広告を効率化できることで、他のマーケティング施策への注力が可能

■『広告ROI見える化ダッシュボード』のUI
『広告ROI見える化ダッシュボード』は、直観的かつ使いやすいユーザー・インターフェイス(UI)で提供しています。

1.複数のメディア・コミュニケーションチャネルを統合して広告成果を確認できるUI「広告統合分析」


2.UI「広告予算の最適化」

『広告ROI見える化ダッシュボード』の導入に際して、これまでQuark tokyoがコンサルティングで培ったKPI設定から導入支援、データ活用までしっかりとサポートいたします。